家庭教師の費用や契約についての比較

学歴は関係ないと言われつつも、やはり学歴社会というものは存在します。そのため、どれだけ子どもの教育費を充実させることが出来るか?ということも焦点となっています。

塾に通わせるか、通信教材を使うか、家庭教師に来てもらうか…などなど、様々な方法がありますが、その中でマンツーマン指導を望むのならば家庭教師を利用するのが良いと言われています。

しかし、家庭教師と訊くと「どうやって雇ったらいいの?」と利用方法が気になる方が多いのではないでしょうか?気になる家庭教師の利用方法について、2つのパターンに分けて紹介していきます。

派遣センターを利用するパターン

まず1つ目のパターンですが、これは家庭教師の派遣センターを利用する方法です。

メリット

(1)無料体験授業を受けられる

派遣センターを利用した場合、多くの場合無料体験授業を実施しています。そのため、クオリティや授業の取り組み方についての確認を契約前に確認ができるというメリットがあります。

授業や指導というのは人と人とが行うもの。そのため、相性が合うかどうかで、どれだけ前評判が良くても自分の子どもには向いていなかったということも考えられます。

そうならないためにもこのようなサービスは利用しておくべきでしょう。

(2)家庭教師の変更が可能

家庭教師の変更が出来るという点も見逃せないポイントとなっています。家庭教師が変更できるということは、もしも家庭教師と生徒との折り合いが付かない状況になっても大丈夫ということです。

さらに、事前に情報の共有をしてもらえば、その子の特性を生かして授業をしてもらうことになるので、さらにブラッシュアップした指導が期待できるということになります。

(3)トラブルを回避しやすい

このように、派遣センターではシステマチックに授業や指導が展開されています。そのため、トラブルが起こりにくいです。

このような傾向は契約にも現れており、明確に内容を文章化しています。途中解約や料金の支払い方法についてもトラブルが発生しにくいと言われているのはこのためです。

授業以外でのゴタゴタが生まれにくいというのは、授業に集中しやすい環境が作れていると言えます。

デメリット

派遣センターの利用をする上で注意しなければいけない点は、費用が高い傾向にあるということです。

費用が高くなる原因はいくつかあります。ひとつは、事務本部の運営が必要だということです。多くの家庭教師を管理していく必要がある派遣センターは、家庭教師の他に事務本部がそのような管理を行なっています。

また、教材などを別途で販売するというケースもあるので注意が必要です。

 

派遣センターを利用しないパターン

続いては、先ほどとは逆で、派遣センターを利用しないパターンです。つまり、個人契約で家庭教師と直接契約を結ぶということです。

メリット

(1)費用を抑えられる

個人契約のメリットと言えば、何と言っても値段でしょう。派遣センターを仲介しないため、中間マージンが発生しません。そのため、料金が安くなる傾向にあります

家庭教師というのは一度呼べば、それだけで成績が上昇するというものではありません。何ヶ月、何年という長期的なスパンで指導をすることによって、より大きな効果を得られるため、1ヶ月あたりにかかるコストを削減することによって、家計に優しくなります。

(2)納得するまで家庭教師探しが可能

お相手の家庭教師を特定できるということも魅力です。派遣センターは「どのような家庭教師が良いのか」ということを伝えることが出来ても、最終的には誰が派遣されるのかが分からないという場合が多いです。

しかし、個人契約の場合には自分が納得するまで家庭教師を探すことが出来ます。これは、個人家庭教師を独立開業している人と契約したいという人に向いているでしょう。

デメリット

では、個人契約の場合にはどんな部分に注意する必要があるのでしょうか。

まず、事前に体験が出来ないということが挙げられます。これは契約が個人であるため、その契約がなされていない状態では体験授業は出来ないからです。

また、相性が悪くても無闇に交代が出来ないということも挙げられます。仮に契約を解除したとしても、また新しい家庭教師を探す手間もあるのです。

両者の長所短所を見極めましょう

家庭教師を利用する場合には、家庭教師センターの利用と個人契約があります。

まずは無料体験授業を受けてみたい!という人は、派遣センターを利用しての家庭教師がおすすめです。希望条件を伝えればセンターが最適な家庭教師を探してくれるので、自分でいちいち探すという手間も省けます。

一方で、家庭教師をできるだけ安い費用で雇いたいという人は個人契約の家庭教師がおすすめです。知り合いやご近所のツテなどで決まった家庭教師を指定して契約したいという人も、個人契約の方が適しているでしょう。

子どもの教育は、その子がこの先どのような人生を歩いていくのかという意味で重要なポイントを占めています。そのため、家庭教師を利用する人が増加傾向にあるのです。

Follow me!