プロ家庭教師で子どもの学力に差をつけよう!

日本の学歴社会が終わったという見方がありますが、ある意味ではそれは正しいかもしれません。

なぜなら、日本はグローバル社会の波の中で生活することが予想されています。そのため、日本という狭い国の大学では評価されることが少なくなり、世界中の難関校を合格した人でなければ高学歴の存在として相手にされない時代が来るかもしれないからです。

そうなると、子どもの学力を身に付ける必要性がさらに高まります。

子どもの学力向上のためには、当たり前ですが勉強が必要です。しかし、意欲的に勉強に励むということは少ないのではないでしょうか。

むしろ、「全然勉強をしてくれない」と悩んでいる方も多いかもしれません。

そこで今、TVCMを見ても分かる通り、プロ家庭教師の存在が注目されているのです。

家庭教師の特徴

家庭教師とは、生徒の自宅で講師を務め、その学力アップや成績の向上、さらには志望校合格などに向けてサポートをする存在です。

塾との大きな違いは、なんと言っても個別指導を行う点です。

多くの塾の場合はどうしても多人数制授業になってしまうので、生徒一人ひとりの特性に気付いてあげることが出来ません。その点、家庭教師はマンツーマン指導となっているため、その生徒の特性に寄り添ってきめ細やかな指導をすることが可能です。

“プロ”家庭教師と呼ばれる人とは?

プロ家庭教師と呼ばれる人とは?

プロ家庭教師とは、実績があり、家庭教師だけで生活していけるだけの給料をもらっている人のことを指しています。細かな定義は会社によって違いますが、大まかに言えば…

  • 家庭教師の仕事だけで生計を成り立てている人
  • キャリアが充実しており指導ノウハウを積んでいる人

を指しています。

家庭教師は大学生のアルバイトだというイメージがあるかもしれませんが、プロ家庭教師は全く異なります。

家庭教師はマンツーマン指導が特徴的であるため、このような特別な存在の人の指導を受けることで、学力向上にも役立ちます。プロ家庭教師は実績で評価されるため、子どもの学力こそが自分のキャリアになります。

指導力が高いことから、多くのプロ家庭教師は指導方法が柔軟です。そのため、学習指導だけでなくモチベーションやスケジュール管理も徹底しています。

プロ家庭教師は卓越した技術とノウハウで持って、学力アップをサポートします。信頼のおけるプロというブランドを持っているだけに、家庭教師だけで生計を立てることが出来るのです。

プロ家庭教師の指導内容

プロ家庭教師の指導内容

多くの家庭教師の割合を占めている学生家庭教師の場合、教育方針にマニュアルがあることが多く、学生家庭教師はそのマニュアルに沿って授業を進めることがほとんどです。

しかし、生徒の特性をせっかく掴むことが出来るマンツーマン体制という家庭教師のメリットがあるのに、これでは塾のような画一的な指導になってしまうので、わざわざ家庭教師を雇っているメリットが薄くなります。

プロ家庭教師の場合には、その生徒に合わせて指導方法を変更できる柔軟性があります。このような指導力こそが、プロ家庭教師最大の武器だと言えるでしょう。

問題の解き方や解説方法、さらには宿題を出すときのアプローチやモチベーションの引き出し方、スケジュール管理に至るまで何通り、何十通り、何百通りと方法を持っている人もいるのです。

指導力が高いということは、プロ家庭教師を雇う最大のメリットとも言えます。指導ノウハウが豊富にあるため、どのような生徒のモチベーションも引き出すことが出来るのです。

さらに、志望校合格や成績アップなどの具体的な目標に向けてどのように学習をしていくのかを管理していくことも出来るため信頼が置けるでしょう。

プロ家庭教師の実績評価

プロ家庭教師の実績評価

家庭教師を雇う際に気をつけたいことは、どのような実績を持っているのか?ということです。子どもの学習を指導するというのは、正直な話を言えば、時間のある大人ならばテキストとその解答・解説さえあれば誰でも出来てしまいます。

しかし、その生徒がしっかりと結果を残すことが出来るかどうかというのは、特別なスキルが間違いなく必要になってくるのです。(ここで言う結果とは、志望校に合格するなどを例とします。)

プロ家庭教師の場合は、その生徒がどのような結果を残したのかが直接キャリアに結びつきます。もしも目標を達成できなければ、今後の自分の給料に跳ね返るという厳しい現実があるのです。

そのため、指導方法や生徒のメンタルケアなどの細部に至るまでしっかりと管理する必要があります。自分の生活を守るためにも、生徒に実績を積んでもらう責任があるのです。

また、プロの家庭教師であるというプライドを持っている人が多いため、自分の指導に責任を持っている人がほとんどです。どのように問題を解説をするのかということだけでなく、生徒に対してのコミュニケーションをどのように取っていくのかということに対しても十分に考えています。

このようなポイントを押さえているからこそ実績が高まり、その実績こそがプロ家庭教師の実力として認識されるのです。

Follow me!