大学受験を突破するために必要な心構えとは?

年功序列や終身雇用制度が崩壊しつつある日本において、学歴は一層重要なキーワードとして上がっています。これから所得格差がどんどん上がっていくと予想されているため、その中から普通の幸せを掴み取るためには大学に合格することが大前提だと言われているのです。

では、大学合格をするためにはどのようにすれば良いのでしょうか?

大学受験を突破するために必要な心構え

大学受験に突破するために特に必要な心構えを2つ紹介します。

(1)情報収集

まず、大学受験を始める前には情報収集から始めましょう。身近な友達や先生などと相談するのが効果的です。インターネットの情報も大切ですが、情報が多すぎるため精査する必要があります。

大学受験を突破するためには、何は無くとも情報戦です。闇雲に勉強をしているだけでは時間の無駄となります。そのため、あらゆる手段を使って情報を集め、自分の志望校に最短ルートで突き進めるようにすることが求められるでしょう。また、そのためには早め早めの行動が欠かせません。もしも受験に対して不安な気持ちがあるのであれば、今すぐに動き出しましょう。

周囲の身近な人に聞く

では、どのような手段で情報を得るのが良いのでしょうか?

手っ取り早いのが周りの人に聞いてみるというものです。友達や学校の先生などはリアルな受験の情報を知ることが出来ます。特に学校の先生は毎年受験を経験しているため、自分の成績などと比較してどのくらいの難易度なのかを詳しく説明してくれるでしょう。

インターネットで集める

また、インターネットも効果的です。志望校の情報はもちろんのこと、おすすめの受験参考書などの情報も掲載されています。このときに注意したいのは、自分の目標とする学校や学部などと照らし合わせるということが肝心です。また、インターネットだけの情報はあまりに膨大になり過ぎるため、その情報を元に先生や友達と相談してみるのも効果的です。情報を精査するということも必要だと知りましょう。

(2)メンタルコントロール

メンタルコントロールは受験において重要な鍵を握っています。特に、前向きな心は特に大切になるため覚えておきましょう。前向きな心というのは、単に現実を見ていないという意味では決してありません。定めた目標に向かってどうすれば最短距離で進むことが出来るのかを、常に全力で考えることが出来る強い精神力を持つということです。

たとえば、志望校への合格判定について厳しい結果が出たとしても、その結果を踏まえて自分がどのような行動を取るべきなのかを考えるべきです。逆に、厳しい結果が出たときこそ本人の精神力が問われます。志望校の合格判定はあくまで目安だということを踏まえ、その結果で合否は全く変わらないということを頭に入れておきましょう。

勉強量を増やして自信を持つ

では、どうすればそのようなポジティブな精神力が身につくのでしょうか?

ひとつは勉強量を増やすことです。結果に繋がらなくとも、勉強量は裏切りません。いつか結果に結び付きますし、勉強をしてきた時間そのものが自信に繋がります。

ポジティブ思考を心掛ける

もうひとつは結果をポジティブに受け止めるということです。何かしら良い成績になっていたポイントがあれば、それを素直に受け取りましょう。そのような小さな成果が精神力の糧になるのです。

大学受験対策として家庭教師を利用する

大学受験を控えている年齢というのは、人とのコミュニケーションに対してまだまだ未熟な部分があります。

家庭教師を選ぶ際には、生徒の気持ちを優先して行動できるような人を探すようにしましょう。家庭教師のアルバイトをしている大学生は年齢が近いため、まるで兄弟のように近い関係性になる可能性がありますが、もしも人間関係が拗れてしまえば修復が難しくなってしまうというリスクがあります。また、プロ家庭教師はそのような可能性は少ないという反面、近い関係性を築くまでに時間がかかる傾向にあるようです。

一番大切なポイントとして、志望校が卒業校である家庭教師を選びましょう。こちらは教える際にも説得力が持ちますし、合格後のキャンパスライフについても詳しく聞くことが出来るのでモチベーションアップに繋がります。また、現役在校生に家庭教師をしてもらうことによって、過去の問題の傾向などが新鮮な情報として手に入るメリットもあります。

Follow me!