冬休みは家庭教師の短期講習で苦手を克服しよう!

冬休みは2週間程度の短い期間です。そのため、部活に、遊びに、と忙しく過ごしているとあっという間に新学期が始まり、思うように勉強できなかった……ということも珍しくありません。

だからこそ計画的に勉強ができていれば、他の子どもとの差をグッと広げることができるわけですが、子どもが1人で勉強と向き合うのに冬休みは時間は少なく、誘惑は多くあります。

そこで冬休みの子どもの自宅学習のサポートにおすすめしたいのが「家庭教師」の短期講習です。今回は、冬休みの自宅学習に家庭教師がいい理由と、選ぶときのポイントをご紹介します。

冬休みは苦手単元の復習のチャンス!

冬休みは夏休みに比べると期間は短く、それでいてクリスマスやお正月のようなイベントが多くあります。この限られた時間で効率的に勉強を進めるには、やることを絞ることが欠かせません。

例えば、1学期、2学期と授業を受けてきて、苦手な教科や分からない単元がでているはずなので、得意な科目はさらっと復習して、苦手なところを重点的に対策していくというようにです。

それもできることなら1年生から冬休みに復習の習慣を身につけることができれば、2年生、3年生に苦手な教科、単元を持ち越すことはなく、周りともグッと差をつけることができるでしょう。

冬休みに家庭教師がおすすめな理由

冬休みは苦手な教科、単元の克服のチャンス!とのことですが、子どもは自身の苦手な教科、単元は把握していても、なぜ苦手なのかまでは分かっていないことがよくあります。

勉強ではこの「なぜ苦手なのか」が分かっていないと克服は難しいものです。そのため、子どもが1人で分からないまま手探りで勉強を進めると非効率ですし、やる気も失います。

そこで冬休みの自宅学習のサポートにおすすめなのが「家庭教師」の短期講習です。

苦手の発見・復習ができる

家庭教師の最大の魅力は、先生と生徒が1対1で勉強に向き合えることです。

先生は1人の生徒のことだけを考えて授業を進められます。そのため生徒の苦手な教科、分からない単元を正確に把握でき、その上で学力に合わせたカリキュラムを組むことができます。

冬休みはただでさえ時間が限られているだけに、いかに効率よく勉強を進めるかが重要です。家庭教師であれば1対1で苦手な教科、単元を徹底的に、そして効率的に教えてもらえます。

気軽に質問ができる

学校や学習塾というのは周りに同世代の生徒、つまりはライバルがいます。そのため、子どもの競争心、向上心を高めて切磋琢磨させるのにはとてもいい環境でしょう。

しかし、苦手な教科や分からない単元を周りに知られるのが恥ずかしくて、学校や学習塾の授業では手を挙げられない……、質問ができない……という子どもは多くいます。

その点、家庭教師であれば自室での授業なので周りに他の生徒はいません。誰の目も気にすることはなく、苦手な教科や単元があればその場で気軽に質問ができるわけです。

また、子どもの性格にもよりますが、競争心を煽るよりも、自分のペースで勉強した方が成果のでる子はよくいます。そういった子どもにとって家庭教師は勉強のしやすい環境です。

時間的な融通を聞いてもらいやすい

先述した通り、冬休みの期間は宿題に、イベントに、部活に、ととにかく時間に余裕がありません。そのなかで効率的に勉強を進めるには、すきま時間の活用もポイントです。

先生の都合にもよりますが、家庭教師は決められた曜日に授業を受けるだけではなく、「今週は月曜と水曜」のように月、週ごとに決められるため隙間時間に授業を受けられます。

それこそ急な予定、体調不良で授業が受けられないときにも振替しやすい、時間的に余裕がなく不規則になりやすい冬休みにも、家庭教師は融通を聞いてもらいやすいわけです。

自宅学習の習慣が身につけられる

学校でも先生からは「自宅学習を習慣づけましょう」と教えられます。しかし、実際には部活に、遊びに、と楽しいことばかりで、自宅学習を習慣づけるのはなかなか大変です。

そこで家庭教師の短期講習の出番です。自宅学習の習慣がない子どもでも「短期間なら……」と受け入れやすいですし、家庭教師は自室での授業なので自然と自宅学習が身につきます。

習慣は1度つけば抜けないもので、冬休みが終わっても自宅学習を続けられるでしょう。

冬休みに家庭教師を選ぶポイント

冬休みは苦手教科の克服のチャンス!家庭教師であれば完全個別指導で質問がしやすく、時間的に融通を聞いてもらいやすいため、冬休みの自宅学習にちょうどいいとのことでした。

しかし、家庭教師であればどの先生でもいい、というわけではありません。

短期講習に対応しているか?

家庭教師と一括りにしていますが、会社から派遣される先生がいたり、個人で営業している先生がいたり、と先生によって運営の実態や時間的な都合、得手不得手などは異なります。

冬休みの短期間だけ頼むのであれば、「短期講習」に対応している先生を探しましょう。そのあと、もし先生との相性がいいようであれば、長期的な契約をしてみるのもありです。

体験授業を受けられるか?

先述したように、家庭教師には様々な先生がいて、当然ながら子どもとの相性があります。

何年も家庭教師を利用するのであれば、数ヶ月ごとに先生を変えてみて相性を比べるのもいいですが、わずか2週間ほどしかない冬休みでは何度も先生を変えることはできません。

冬休みが始まる前から何人か体験授業を受けてみて、相性のいい先生を探しましょう。

まとめ

今回、「冬休みの自宅学習」をテーマに、家庭教師をおすすめしてきました。

冬休みは2週間程度の短い期間ですが、だからこそ苦手な教科を中心に効率的に勉強できていれば、新学期が始まってから周りにグッと差をつけることができます。

しかし、部活に、イベントに、と多くの誘惑がある冬休みに子どもが1人で勉強と向き合うのは難しいです。家庭教師の短期講習であれば、無理なく自宅学習をサポートしてくれるでしょう。

もし、冬休みの学習環境に不安を抱えているのなら、ぜひ家庭教師を検討してみてください。

Follow me!